PFCA GenePFCAの遺伝子検査

PFCA実施する遺伝子検査

遺伝子情報は、生まれ持った自分だけの一生変わらないカラダの設計図です。

両親から受け継いだ自分の遺伝的体質を知ることで、何をどう食べたら良いのか毎日の生活に具体的に生かすことができます。
また、思い描く美と健康の理想のライフスタイルに近づく方法でもあります。

最近は安価で検査ができるのものや、検査疾病が増えたりと、遺伝子検査も身近になりつつありますが、その多くがアプリで読み取ったり、結果用紙が返ってくるだけ。
せっかくの情報もただ調べるだけでは、結果につながりません。
PFCAでは、ライフスタイルが変わっても一生涯続けていけるよう「食べ方」について学びながら、生まれもった遺伝子情報についてどのような結果を目指すかを講座の中で深めて頂きます。

 


検査はたった1回

クラスの申し込みと検査キットはセットになっています。
受講時に、検査キットを開封し採取するため、安心して行えます。
その後、検体は解析実施機関へ送付し、3〜4週間後、お手元に検査結果内容が送付されます。
BASICで学びを深めた内容が書かれているため、理解がしやすく届いた日から実践できます。

 

3つの遺伝子タイプ

カラダのもっともベーシックな栄養、“糖質、脂質、タンパク質”と関連がある肥満関連遺伝子3タイプを基礎し、PFCAの講座では、さらに細分化し遺伝子タイプを12に分けて学んでいきます。

■β2AR「バナナ型肥満」

体脂肪が蓄積されにくく太りにくい体質ですが、痩せにくい特徴でもあります。

■β3AR「りんご型肥満」

糖質を摂ることで、内臓脂肪が蓄積されます。

■UCP1「洋ナシ型肥満」

脂肪の代謝が悪く、皮下脂肪がつきやすい。下半身から太り始めます

 

覚えやすいアニマルキャラ

一般的に肥満関連遺伝子は、β2AR、β3AR、UCP1と称されていますが、とても覚えにくく関連性も分かりにくいため、PFCA講座では遺伝子のタイプを12の動物キャラに分け、小さなお子様からお年寄りまで、どなたたにも分かりやすくなっています。

 

プラス生活週間病、肌老化遺伝子

PFCAのBASICを受講される方は、肥満関連遺伝子(基本3種類+他3種類)とオプションとして生活週間病関連遺伝子10種類と肌老化遺伝子(3種類)を同時に解析します。検査結果から、将来のリスクを知り、食事など気をつける点などより具体的に詳しく知ることができます。